information+α
> home > information+α > Q&A > 登録者・派遣スタッフからのご質問
企業担当者様からのご質問
社会保険・税金について
社会保険にはすぐに入れますか?(YO)

「社会保険の加入基準」を満たしている方については加入いただきます。その基準を満たす契約ではない場合は入ることはできません。

     

「社会保険の加入基準」

(1)1週の所定労働日数が4日以上ある方

(2)1週の所定労働時間が30時間以上ある方

(3)その他の就労形態から判断して、当社において継続的に2ヶ月以上勤務されることが見込まれる方

保険料は、当月分を翌月25日振込分の給与から1ヶ月分をまとめて徴収いたします。社会保険料は定額ですので、当月の出勤日数が少なく翌月25日振込の給与から徴収できない場合は、未徴収の保険料を翌々月の給与より徴収させていただくことになります。
また社会保険加入対象者が就業開始後、退職された場合で保険料が給与合計に満たない場合の差額は、別途お支払いただくことになります。

雇用保険には加入できますか?

「雇用保険の加入基準」を満たしている方については加入することができます。

   

「雇用保険の加入基準」

(1)1週間の所定労働時間が20時間以上であること

(2)当社で31日以上の雇用見込みがあること

(3)雇用保険料は月1回の給与からその都度、徴収いたします。

 (但し、初回の雇用保険料については2ヶ月分遡り徴収します。) 

また以下の場合、雇用保険は喪失となります。

(1)退職または雇用契約期間が終了したとき

(2)就労形態が「雇用保険の加入基準」に該当しなくなったとき

(3)その他、法律上等の資格要件を満たさないと判断されたとき

社会保険は入らないといけないのですか?(YT)

社会保険は加入基準を満たしている方については、皆様にご加入いただいております。

住民税は給与引き落としですか?(YT)

住民税は普通徴収となります。普通徴収(個人で税金を納付する方法)の場合には、役所から届く納税通知書をもとに、個人で納めていただくことになります。年4回(6月、8月、10月、翌年1月)に分けて納付していただくことになります。

失業手当はもらえますか?

雇用保険の失業給付をうけるには、離職票をハローワークに提出し、受理された日から給付に関する手続きが開始されます。給付の対象となるのは、一般被保険者(1週間の労働時間が30時間以上の人)の場合、離職前1年間(要件に該当すれば最長4年まで延長)の間に、被保険者期間が通算して6箇月あれば、基本手当の給付対象となります。失業給付をご希望の際は、退職が確定した時に「離職票」の交付をご希望下さい。

企業担当者様からのご質問
給与・福利厚生について
社会保険・税金について
休日・休暇・シフト等について
仕事内容について
服装・仕事環境について
その他