information+α
> home > information+α > 採用手段の選択
採用手段の選択
正社員・契約社員の採用は今の手段で問題ないですか?
「即戦力を採用したいが、どんな方法が適しているのか分からない」
「中途採用を始めたいが、社内にノウハウがなく困っている」
「最近、自社で募集しても応募がない」
そんな悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
「中途採用をするなら、まず公募」と思い込んでいませんか?
他にも有効な手段として、「採用支援(人材紹介)サービス」があります。
ぜひ、以下の採用手段の違いを知って、貴社にあった活用をご検討ください。
 
公募(※新聞・雑誌・インターネット広告等)

現在、この手段のみで採用されている企業様も多いのではないでしょうか?

新聞や転職情報誌、インターネットの転職サイトなどの求人広告、ハローワーク、自社ウェブサイトの採用情報コーナーなどで、広く一般に向けて募集する方法です。

○ この手段のメリットは

1、求人広告は、比較的安価に、広く応募者を募りたい場合に適しています。採用予算がとれない場合や緊急性のないときは、ハローワークや自社ウェブサイト、縁故採用などを利用して思い通りうまく採用できればメリットがあるといえるでしょう。

2、費用対効果 可能性がある。
広告の場合、露出効果により多くの母集団を見込めれば費用対効果の高い採用が可能です。

× この手段のデメリットは

1、人事採用担当者の業務が最も多くなります。
告知用の原稿準備から、面接に至るまで、全般的に業務が発生します。応募数が多いほど、選考の手間と時間がかかります。

2、採用者ゼロでも、事前に支払った広告費は戻ってきません。

3、ハローワークや自社ウェブサイトの場合、広告費用は発生しませんが、募集情報の露出範囲が限られます。

4、他社に知られずに採用活動をする「非公開求人」はできません。

お問合せはこちら

人材紹介会社 ※パソナロジコム採用支援サービス

人材紹介会社が企業と求職者の間に入り、希望や適性を考慮して求人に基づいたマッチングを行います。欲しい人材をスピーディーに採用できる方法です。※ 求人内容に基づいているため、お役に立てない場合もあります。

○ この手段のメリットは

1、人事採用担当者の業務の負担が軽減される。専任の担当者が企業の課題を把握し、候補者を絞り込んで紹介します。そのため、条件の合う人材のみ選考することができます。候補者への連絡や交渉、事前面談なども代行しますので、採用にかかわる業務を大幅に削減できます。

2、費用対効果が高い 。完全成功報酬制である場合が多く、採用が成立するまで、費用は一切かかりません。ムダなコストを省くことが可能です。

3、採用コストのリスクを回避し、ピンポイントの候補者を探したいときや、競合他社に知られず「非公開」で採用活動を行いたいときなどに有効です。

× この手段のデメリットは

公募と同様に求人内容が同業他社と比較して特筆すべき点があげられない場合には、候補者は公募と同様にでない可能性がある。

¥ 気になる採用コストについて
求人広告や人材紹介会社の場合は、求人の内容により費用がそれぞれ異なります。個別のケースについてはご相談下さい。また上記以外に業務受託等の手段についても詳しいご説明が可能です。ぜひ、お気軽にご相談ください。
採用手段 パソナロジコム採用支援サービス 人材紹介会社 自社ホームページ インターネット広告 新聞・雑誌広告 ハローワーク
人材採用業務の軽減 × × × ×
採用専門エージェントによるアドバイス ×
非公開求人 × × × ×
採用者一人当たりの費用対効果 ×
採用できなかった時の費用 × ×
費用 年収×15%
(年収×10%)
年収×30%~35% サイト管理者の人件費 ○○万円~
○○○万円
○万円~
○○万円
無料
特徴 候補者がいない場合もあるが、効率的な採用が可能。 自社でホームページを運営している場合は、安価だが、サイトを訪れた人にしか訴求できない 広く募集できるが、事前に費用が発生するため、人材不足の時代には、採用できない場合費用が無駄になるリスクがある。 緊急性のある求人には対応が困難。求める人材層への効率的な募集は難しい可能性もある。

お問合せはこちら

企業担当者様からのご質問